富士化学工業株式会社

                  (c)2008 Fuji-kagaku.K.K. All rights reserved.
断熱材計算
会社概要
ダウンロード





1.断熱材簡易計算
mmとして
熱抵抗値(㎡K/W)を  ㎡K/Wで
材  料  名 熱伝導率
W/(mK)
厚 さ
mm
密 度
kg/m3
規格等
無機繊維系断熱材
高性能グラスウール断熱材 24K相当 0.036 約24 JIS A 9521
吹き込み用グラスウール GW-1 0.052 約13 JIS A 9523
吹き込み用グラスウール 30K 相当 0.040 約30 乾式
吹き込み用グラスウール 35K 相当 0.040 約35 乾式及び接着剤併用工法
住宅ロックウール断熱材 マット 0.038 30~50 JIS A 9521
住宅ロックウール断熱材 フェルト 0.038 30~70 JIS A 9504
準拠
住宅ロックウール断熱材 ボード 0.036 50~100
吹き込み用ロックウール 25K 0.047 25以上 JIS A 9523
吹き込み用ロックウール 35K 0.051 35±5
吹付けロックウール 0.047 180~220
発泡プラスチック系断熱材
ビーズ法ポリスチレンフォーム保温板 特号 0.034 27以上 JIS A 9511
ビーズ法ポリスチレンフォーム保温板 3号 0.040 20以上
スタイロフォームIB(1種) 0.040 20以上
スタイロフォームB2(2種) 0.034 20以上
スタイロエース(3種) 0.028 20以上
硬質ウレタンフォーム保温板2種 1号 0.023 45以上
硬質ウレタンフォーム保温板2種 2号 0.023 35以上
吹付硬質ウレタンフォームノンフロン品 0.034 25以上 JIS A 9526
吹付硬質ウレタンフォーム水発泡品 0.034 25以上
ポリイソシアヌレートフォーム 0.042 51以上 JIS A 1412-2
高性能フェノールフォーム保温板 0.022 25以上 JIS A 9511
木質繊維系断熱材
A級インシュレーションボード 0.049 350未満 JIS A 5905
シージングボード 0.052 400未満
吹込み用セルローズファイバー断熱材 1 0.040 約25 JIS A 9523
環境配慮断熱材
eウール 0.039 13 JIS A 1412-2
コルサニー120 0.038 104~120 -
フォレストボード 0.051 230 -
木の繊維 LD40 0.038 約40 -
※1 熱伝導率(繊維系:25℃ 発泡系:20℃)
※2 国際単位←→従来単位 1W/(mK)=0.86kcal/(mh℃)

2.[住宅金融公庫の省エネルギー基準]に基く
  断熱必要厚み 簡易計算サービス
区分
地域
構造※
工法
材料

部位 熱抵抗
(㎡K/W)
厚さ
(mm)
屋根又は天井 屋根
天井
外壁の中間階床における横架材部分・まぐさ部分
外気に接する部分
その他の部分
土間床等の外周部 外気に接する部分
その他の部分

注意・免責事項
1.厚みは少数点以下を四捨五入しておりますので実際の使用にあたっては
上記計算を満たす製品規格厚みとなります。
2.このサービスによる各断熱材の厚みはあくまでも目安です。
実際に仕様決定する際は各メーカーに確認するか、
当社info@fuji-kagaku.co.jpまでご連絡ください。
こちらで住宅金融公庫ホームページを確認できます